正社員とアルバイト

アルバイトの反対語と言われれば、正社員と言うことになると思います。
しかし今では雇用の形態も増え、契約社員や派遣社員もいるので、非正社員が必ずしもアルバイトやパートと言った臨時雇用者であるとは限りません。一昔前は正社員として働くことが当たり前でした。しかし、時代が進むと自由という物にあこがれたのか、アルバイトを生業とする若者が現れてきました。フリーターの出現です。

彼らは、定職には衝かずアルバイトを転々として、好きな事をして暮らしていました。さらに企業はバブル後の不景気の時代を経験し、自らを守るために派遣社員といった形態の社員を雇用するようになりました。企業にとっては、必用に応じ派遣してもらい不必要になれば、契約解消できる便利な物でした。この派遣社員といった形態の出現は、フリーターの出現と無関係ではないと思います。若者のライフスタイルを見て、派遣社員という形態を考えた利口な人がいたのでしょう。また、派遣社員は、目論見どおり、若者に受け入れられる部分もあり、多くの人が派遣として、働くようになりました。

景気がそこそこ回復したころには、フリーターも派遣社員も本人達が好きでその形態で働いていました。しかし、極端に景気が悪化した後、派遣切りが問題になり、フリーターを好きでやるのではなく就職先が無くやむにやまれず、フリーターとして働く若者が増えてきました。正社員にとっても、定年前に退職再雇用されても契約社員となり、給与が極端に減ると言ったこともあります。非正社員は、その時代により、その存在の意味が違うようです。’

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です